WOWOWと慶應大学が口コミ効果を検証

WOWOWが、社員が書いたブログ記事がどのように口コミ効果を発生させるのかを慶應大学の協力を得て検証するようです。
どのような結果が出るか楽しみですね(公開されるといいんだけど)。

ブログ「口コミ効果」を検証・WOWOWと慶大

 BS放送のWOWOWは22日から慶応義塾大学と組み、インターネットのブログ(日記風簡易ホームページ)による口コミの広がり方を調査する。社員が様々な海外ドラマについての感想をブログに書き込み、消費者にどの程度関心が持たれるかや議論の広がり方などを調べる。

 慶大環境情報学部の熊坂賢次教授の研究室と12月末までの契約を結んだ。社員は自社で放送するドラマであるかどうかにかかわらず、批判を含め自由な感想をブログに書き込む。(07:00)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070122AT1D1804M20012007.html

ただ、個人的に思うのは社員がブログを書いたところで、よほど充実した内容(英語でしか手に入らない設定や人物相関図を日本語にするとか)でない限り、口コミのかけらすら見えないでしょう。
どこまで真剣に投げかけるのかによって、波紋の大きさは変わります。